Site Overlay

ALLT-A-BHAINNEアルタベーン蒸留所

スコットランドでもほとんど名前の知られていない蒸留所の一つだろう。1975年にSeagrams社傘下であったChivas Brothersがブレンド用の原酒確保のために設立。100Pipersのキーモルトとして使用。

オーナーはオフィシャルボトルのリリースに全く興味を示してこなかったが、2018年にライトピートのノンエイジ品がリリース。続いて、カスクストレングスの21年もビジターセンターにて販売。