Site Overlay

OBANオーバン蒸留所

街中にある蒸留所(undiscoveredscotland.co.uk)

一般的にスコットランドの蒸留所は街の外れの不便な場所にあるものだが、ものだがこのオーバン蒸留所はご覧の通り町の中心部に位置。「立地の良さ」から訪問に訪れる客も多く、最も「都会的」な蒸留所ともいえる。

DIAGEO傘下のこの蒸留所は、全てのボトルがシングルモルト向けである。(他のラガヴーリンやタリスカーはブレンドにも使用される)

主力はLittle Bay、14年、18年(米向け)、そしてモンティラ・フィノフィニッシュのDistiller’s Editionなどがある。

オーバン14年 なんとソーダ割り

上の写真のオーバン14年の印象は、ラガヴーリンにも似たエレガントな風味。全体的にリッチなボディで、ほんのりと潮とピートのニュアンスがある感じ。バランスがとても良いと感じた。たまたま頂いたバーでソーダ割りをされている方がいるとの情報でついつい二杯目に割って試したが、これは絶対にストレートで飲むべきです!笑