Site Overlay

Ken’s Bar新宿店

バーボンが専門のウイスキー・バーというのはあまり無いのかなと思うのですが、その中でこのKen’s Barさんはバーボン愛好家の界隈で知られているということで以前から名前はうかがっておりました。本店は八丁堀の近くにある京橋店なのですが、その2号店が新宿のゴールデン街にあるということで、いつものようにフラっと訪問しました。実はちょくちょく界隈を通るので、気にはなっていたのですが空いている様子がなく、今回ライトがついていたのでもしや、ということで地下にある店舗の扉を開けたという次第なのです。こじんまりとしたお店には、カウンター席と後ろに小さなテーブル席という感じ、5人か6人も入れば満席というような感じでしょうか。でもカウンターとの距離感も近く、カジュアルでフレンドリーな場所といった雰囲気です。

kens bar ゴールデン街
バーカウンター後ろの棚

まずは一杯目を何にするかということで、とりあえずテネシーウイスキーの雄、ジャックをソーダ割で。バーボンは主に、ジムビームなどのケンタッキー・ウイスキーと、ジャックなどのテネシー・ウイスキーに分かれます。もちろんほかにも生産地はあるのですが、主にこの二つが日本では主流と思って間違いないです。その中でも、ジャックを除けば、ほとんどがケンタッキー・ウイスキーと考えて間違いないです。要はバーボンはケンタッキーと覚えておけば、最初は間違いないです。(別にテスト対策とかではないんですが笑)で、ケンタッキーとテネシーが分かれている理由ですが、これも簡単に言うと、テネシーはお酒をろ過してます。スコッチでいうところのチル(ろ過)、ノンチル(無濾過)と考えておけばよいのかなと思います。詳しい説明(「チャコール・メローイング製法」)もネットとか検索すれば出てきますが、読んだだけではなんともわからないのでここでは触れません。m(__)m

kens bar ゴールデン街

さて、そもそもバーボンってなん?という話に戻ります。とりあえず、以下のような規定があります(https://tanoshiiosake.jp/4485から引用します)。まず(1)はいいですよね。ただし、先ほども述べたように、主な蒸留所の産地はほぼケンタッキー州になります。特にルイビル(Louisville)という町が有名です。ちなみにこのルイビルですが、ケンタッキーのフライドチキンやピザハット、タコベルなどのオーナー企業であるヤム・ブランズ社の本社があるなどケンタッキー州の最大都市です(ただし州都ではない)。次の(2)です。そう、実はトウモロコシが主原料なんですよね、でも細かくいうと確か比率に上限があって、コーンの割合が高くなるとそれは更に「コーンウイスキー」という分類になります。バーボンの中で、とりわけコーンの比率が高いものはコーンウイスキーだと思っておけば良いのかと思います。100%コーンのウイスキーもあるようですが、正直一度も飲んだことがないです。(3)はスコッチだと、蒸留液で94.8パーセント未満、瓶詰で40%以上、ということかと思うので、同じ感じです。(4)がかなり違います。「新品」のオーク樽というところがミソです。要するに樽をチャー(焦がす)した後のフレッシュな樽を使用するということで、スコッチに比べると熟成期間は短いものの、バーボン独特の甘みのあるスパイシーで輪郭のある風味が形成されるのかと思います。

 

 

 

「バーボンウイスキー」と名乗るためには、次の4つの条件を満たす必要があります。
(1)アメリカ合衆国内で造られている
(2)原料となるトウモロコシの比率が51%以上
(3)アルコール度数は蒸溜時で80%以下、瓶詰め時で40%以上
(4)中身を焦がした新品のオーク樽で2年以上熟成

kens bar ゴールデン街

さて、バーボン目当てで扉を開けたのですが、スコッチも割と充実しております。場所柄もあってか、そこまでバーボンに徹底しているワケではないとのことで、スコッチのほかにもジャパニーズなんかも置いてありました。いろんな方に楽しんでもらうというのが基本コンセプトのようです。スコッチの棚をざっと見渡していたのですが、表に見える数はそれほど多くはないものの、かなりレアと思しきものが並んでます。期間限定?でウェルカムドリンクなるのをやっているとのことで、自分はこちらを選びました。廃蒸留所シリーズ、「インペリアル」、ってドヒャ。初めてお目にかかりますよ、こんなの。普通のショット価格がいくらするのかは敢えて聞きませんでしたが、滅多におめにかかれるものでは無いと思ったのでありがたく頂きました。これともうひとつボトルがあったのですが、23年熟成の1995年モノをチョイスしました。割と最近にボトリングされたってことですが、まだどこかに原酒が相当残ってるんですかね。さらにエゲツナイものが出てきそうな感じです。お味は?というと、これがまたしっかりとしたモルト風味で23年の時を感じさせません。とても素晴らしいお酒です。インペリアルはハイランドにかつて存在した蒸留所ですが、1998年に閉鎖。ブレンド向け主体で運営していたようで、シングルモルトそのものが希少と思われます。その後ペルノリカールが買い取り、その跡地には新たな蒸留所「ダルムナック」(Dalmunach)が2015年に誕生。

ダルムナックのボトル(Chivas社サイトより)
kens bar ゴールデン街
ジョージディッケルを飲み比べ
kens bar ゴールデン街
テネシーウイスキー、ジョージディッケル

さて、肝心のバーボンの話の戻ります。まさかのレアウイスキーを頂いた後ではありますが、とりあえず棚に並べてあった「ジョージディッケル」を頼んでみました。これもテネシーウイスキーなのですが、ジャックダニエルに比べえるとあまり世間的には知られてないような気がします。「12」とか「8」とかの数字があるのですが、これは熟成年数とは関係なく、スコッチ的な熟成年数は不明、いろんな樽のブレンドのようです。レシピは両方ともコーンが84%、ライ麦が8%、モルトが8%。違いは、白のラベルの№12がアルコール45度、黒の№8が40度、というところ以外はわかりませんでした。なのでエントリーレベルは№8で、より楽しみたい人は№12というような棲み分けでしょうか。色も、そんなに違いはなかったです。さて、これらは実はすべて後で調べたことなので、この記事を書いている時点でどっちかどうだったか忘れてしまいましたm(__)m。どちらもおいしかったです。ただ、片方がよりスパイシーな感じであったので、たぶんそれが№12の方かなと思います。もう片方は少しまろやかで飲みやすかったイメージです。

kens bar ゴールデン街

さて、今回はこれくらいにて切り上げました。カウンターに置いてあった山崎と響も気になったのですが、久々のバー巡りで明日も朝から仕事で早めに切り上げた次第です。もう少しじっくりと楽しみたかったのですが、またの機会の預けすることに。カウンターのマスターはとても気さくな方で、スコッチにもお詳しく非常に楽しかったです。やはり、どんなに良いお酒もアットホームで落ち着いた感じで飲めてナンボかと思うんですよね。落ち着かない肩ひじ張るような雰囲気だと、どうしても集中ができません。でもどういった雰囲気が合うかはまたこれも各人それぞれかと思うので、自分にあったバーで飲むというのが一番大切なことかなと思います。自分は基本的にはバーでしか飲まないのですが、これもやはり酔うために飲んでるのではなくて、やっぱりどういう酒がおいしかったとか感想を交換しながら飲むのが面白いからです。こうした感覚を共有できる方と一緒に楽しめるというのは最高です。来月からは4月、新たな年度の始まりとなります、そしてコロナでもう3年目になるでしょうか。まずは健康に気を付けて、お酒もしっかりと楽しめるように体調管理を怠らないようにしたいと思います。それでは、引き続きよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA