Site Overlay
カーデュ蒸留所

CARDHUカーデュー蒸留所

スペイサイドにあるDiageo社傘下の蒸溜所。創業は1811年、1824年に政府公認の蒸留所に。1893年にジョン・ウォーカー&サンズ社が買収し、以後Johnnie Walkerのキーモルトとして使われる。

蒸留所の創設者John Cummingの後を継ぎ2人の女性がキーマンとなった。1846年に妻のHelenが息子のLewisとともに運営に。更にLewis氏が亡き後は、その妻のElizabethが引き継ぎ、事業拡張に成功する。その功績から「ウイスキー界の女王」”The Queen of the Whisky Trade”と称えられる。

カーデュのブランドはスペインやギリシアなどの南欧で特に人気とされる。というのは、温暖な気候で軽やかな質感のウイスキーが好まれるからだそう。特にスペインでは、コーラなどで割った飲み方が若者の間で人気なのだとか。(→今年の夏はこれをぜひ試してみたい!)

1990年代の一時期には供給が追い付かず、親会社のDIAGEO社はカーデュと他の蒸留所の原酒を混ぜてカーデュの「ピュアモルト」として供給。ところが、本拠地のスコットランドで批判の嵐にさらされ、SWAはこれを「ブレンデッド・モルト」(複数の蒸留所のシングルモルトウイスキーをブレンドしたもの)と命名するなどしたが、最終的に「ピュアモルト」の販売は終了した。

https://www.amazon.co.jp/

現在CardhuのシングルモルトはDiageo社傘下でSingleton、Taliskerに次いで3番目の販売量を誇る。中核は12年15年18年と、ノンエイジのAmber RockGold Reserve。他に再生した(rejuvenated)バーボンカスクで熟成したSpecial Cask Rrserveなど。