Site Overlay

【兵庫】BAR NISHINAKA西中(姫路)

姫路というとのは兵庫県の西部の一大都市で、地元では播州(ばんしゅう)とか言われたりします。この播州地方の方言に「播州弁」というのがあるのですが、これがもう凄い男気のある方言で、知っている方はわかると思うのですがちょっと怖い感じなんです。でもまあ、最近ではあまりそういう方言なんかも年配の方などを除いてはめったに聞かなくなった感じがします。寂しいといえば、それまでですけど、その土地臭さっていうのが今は日本全国どこに行っても薄れてきているような気がして方言フェチの自分としてはちょっと寂しいですね。話はそれますが、少し前に四国方面に行ったときに、自分は四国では必ずローカル線とかに乗るのですが、その土地の中学生軍団と出くわしまして、それはもう賑やかでその「はしゃぎぶり」みたいなのが妙に懐かしかったです。さて、話をもう一度戻しますが、この姫路というのは播州の中で最大都市であります。そして世界遺産の姫路城を有するこの町の繁華街は駅のお城側の左手に位置します。御幸通りとかのある方向とは少し違うので、初めての方は注意してください。地方の繁華街を探すときにキーワードはとにかくJRの駅ではなく、ローカル鉄道(この場合は山陽電車)の駅を目印に行くのがコツです。今でこそどこもJRが優位ですが、昔はやはり私鉄の駅が町の中心というケースが多かったのかと思います。姫路はヤマトヤシキなる地域デパートもあったのですが、2018年に閉店。更に山陽電車の子会社であった山陽百貨店も2021年に業績不振を受けて完全子会社化が決まるなど地場の商業施設は苦戦している模様。またその裏手にある歓楽街「魚町(うおまち)」も、夜の人通りは至って少なく残念ながら活気は感じられなかったです。もしくは、まだ早かったかな笑

とりあえずジャックのハイボールから。

姫路駅を降りて大手前通りをお城の方向に向かって歩き、魚町通に折れて繁華街の中心部を通るも、もしや今夜お目当てのバー、西中さんが開いてなければどうしたものかと不安になりながら、とにもかくにもここまで来たのだからということを言い聞かせて歩みを進めます。ビルの下まで来たところで、バーの店舗案内の明かりがついていたのでとりあえず一安心。エレベータで上がり、廊下を奥に進んだ右手に本日お目当てのモルトーバーがありました。結構どっぷりと夜が更けた時間帯にお伺いしたので、お店には先客の若い女性二人組しかいませんでした。とても落ち着いた店内の雰囲気ですが、カウンター裏のウイスキーボトルを見ればここが本格的なモルトバーであることは一目瞭然です。左右の棚にもぎっしりボトルが並んでいます。よく目を凝らしてみると、中にはハーフショットの値札のついたオールドボトルなども置いてあります。かなりのレアモノで、地方のバーの感覚で言うと結構な金額かなとお見受けしました。カウンターにはシガーとかも置かれていて、事前の調査も少ししてはいましたが、姫路でオーセンティックバーといえばこちらのお店が筆頭になるのではないでしょうか。マスターはバッチリと正装されていて、本格的な雰囲気です。

遊佐のシングルモルト

さて自分が席を取ったのがカウンターの左隅のほうでした。右手には先の女性らが座っていたのですが、どうも緊張をしてしまって、真横に座るところを遠慮して左隅側に選びました(汗)。ダメですね、って何が笑?。さて、気を取り直してですが、左横の棚には新興のジャパニーズがずらりと並んでました。三郎丸のブレンド、ガイア静岡、嘉之助、さらには厚岸も6つ。はい、かなりヤバいことが一発で分かりました。その中でまだ飲んだことがないものを見つけました。それが、このYUZAシングルモルトです。たぶん、三郎丸と同じくらい地元以外ではかなりレアものでは無いでしょうか。遊佐はまだそこまでウイスキー界隈でも知られてないと思いますが、山形県の日本海側の酒田市の近く、遊佐町に位置する蒸留所です。母体は焼酎を製造する金龍という会社。典型的なクラフト蒸留所で、3名くらいのスタッフで運営されているようです。しかもそのうちの二人は女性。地元の山形大学のリケジョとのこと。あえて「未経験者」を一から教育して立ち上げているようです。この切り口で行くと、今自分が調べているウェールズのペンデリン蒸留所や、未経験者を含めて混成チームで運営するスカイ島のトラベイグ蒸留所なんかを彷彿させます。その味わいですが、まだ若くてフレッシュな感じですね、樽感というようなものがまだほんのりといった感じでまだ未熟な青りんごといったようなところでしょうか。お酒の質感はクリアでフルーティ、今後が楽しみです。

桜尾と戸河内のシングルモルトをハーフで。

そして、さらに進みます。まだまだヤバいものが並んでいます。じゃじゃん!中国醸造の桜尾と戸河内。こちらは同じクラフト蒸留所の部類でも先輩格だけあってかなり熟成感があると思いました。加えて、桜尾は純なスモーキーさが、また戸河内には完熟感のある甘さがあり対照的な味わいとなっています。どちらも素晴らしいお酒です。確かまだファーストリリースだと思うので、今後も引き続き楽しみです。そういえば、少し違うのですが、ここ姫路から新快速電車で20分ほどのところに子午線の町でしられる「明石」があります。タコとか明石海峡大橋とかでも有名なのですが、この明石には古くから知られる江井ヶ嶋蒸留所(ホワイトオーク蒸留所)と、海峡蒸留所という先のトラベイグの姉妹蒸留所のようなあまり表向きには知られていない二つのウイスキー蒸留所が存在しています。前者は「あかし」という名のブレンドウイスキーが割と広く知られているかと思います。後者は「波戸崎」という海外向けのブランドを作っているのですが、あまり国内では知られていないかと思います。たぶん、逆輸入とかしないとゲットできないと思います。ローカル繋がりということで、「あかし」も何か置いてあれば頂こうかとも思ったのですが棚には見当たらなかったので諦めました。とはいえ、明石はともかくとしても姫路という場所は交通の要所で、ここは関西地方と中国地方の分かれ目のような雰囲気があります。もっと言えば、ここからは播但線という路線が日本海側に向けて伸びていて、また姫新線という中国地方の山の中に向かう超ローカル路線もあったりで姫路というのは本当に何か独特の磁力のようなものを感じます。本当いうと、こういう立地だからこそ、ウイスキーの蒸留所なんかができると面白いと思うんですが、どうなんでしょうか?海側には日本製鉄さんの工場なんかもあったりして、製鉄業など産業の町としても知られてましたが最近はあまり元気が無い感じです。臨海地区のどこかの工場跡地でウイスキー造りとか面白そうですけどね。

さて写真を撮るのを忘れてしまったのですが、最後にマスターのご厚意で嘉之助のシングルカスクの味見をさせていただきました。嘉之助は最近に出たシングルモルトのファーストリリースは別のところで頂いたばかりでしたが、シングルカスクはそれを超えてやはり美味しかったです。本坊酒造の津貫もそうですが、鹿児島の温暖な気候がウイスキー造りのテロワールという意味で、ここまでマッチングするとは驚きですね。焼酎文化というイメージが強い九州の地で、世界にも十分通用するウイスキーの蒸留所が二つもあるというのはスゴイことだと思います。さてさて、シングルカスクの美味にすっかり酔いしれて、そろそろお暇する時間となりました。帰り際に少し店の中を見学したのですが、自分が座ったのと逆側にはキルホーマンのボトルがずらり。高松のシャムロックさんの影響のようです。いやはや凄いですね、ぜひ今度こそはシャムロックさんにもお伺いしたいです。何か香川に泊りの用事でも作らないとですね。扉口まで見送りをしてくださったマスターは本当に紳士な方でした。自分は礼儀作法とか随分いい加減なので、こうした方を見ると恥ずかしくなると共に気持ちがシャキッとした気分になります。次回は十分に観察ができなかった右側の棚を攻めに期待ですね。ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA