Site Overlay

【愛知】Bar Neatニート(名古屋)

今回は名古屋にやって参りました。
「メーエキ」(=名駅)が分かればあなたも名古屋通です。
名古屋はとにかく駅が意外に忙しいというか複雑です。新幹線、在来線だけでなく、名鉄や近鉄という私鉄が走っております。特に名古屋近郊は名鉄の路線網がとても広いです。さらに都心部は地下鉄網も充実しています。関西方面の方とかは名古屋は良く素通りするだけの駅ということがあったりして、あまり街中の印象とか薄いかもしれませんが、降りてみて街中歩けば大都会であることが肌感としてわかります。
その中でも玄関口となる名古屋のメーエキというのはは曲者で、プラットフォームは京急品川みたいな感じで小さく狭いのですが、実に様々な方向に路線が走るわけです。(目的地となる駅名も聞いたことのないものも多くて土地勘がないと本当に難しいです。)自分は多少なりともノリテツを自任してるんですが、不覚にも目的と違う方向流されたことが二度くらいあります。(汗)今回は日帰りということもあり時間が限られていいたため、栄などの繁華街ではなく、すぐ新幹線に乗れる駅前近くをふらふら探してみました。最近では割に早くから営業されているバーも増えた印象です。訪問したのは駅の東側、バスターミナルから歩いて少しくらいの「Neat」(ニート)さん、外観から一目で良い感じのバーだと見て取れたので突撃してみました。(因みにメーエキってのは、名鉄名古屋駅を指すだけではなく、駅の東側地区も指します。実際に地名になっています。)

ジェムソンのハイボール

さて、ニートっていうのはいわゆるプーさん的な意味ではなくて、スコッチのニートの意ですね。要するに「ストレート」のことです。映画とかでたまに聞きます。007とか。本場のスコットランドなんですかね?あまり詳しくはないんですが、業界用語とかではなく英語の辞書にも載ってます。
より正確な意味合いとは「水で薄めていない、混ぜ物がない」という感じです。(Oxford Dictionary)

主な意味としては「(室内が)整頓された、(形などが)整った、(服装などが)こざっぱりした」という様ですが、今回のニートさんの感じも、それにどことなく通じるところがあるかもしれません。店内は主としてシックなカウンター席、ボトルは棚に綺麗に並べられていて、店員さんも正装とまではいきませんが、きちんとした着こなしです。カジュアルとオーセンティックの間くらいでしょうか。品揃えはスコッチウイスキーと、ジンがメインでした。因みに、今回訪問したのはニートさんの名駅店で、本店は高岳(たかおか)の方に別にあるようです。後で知りました。まずは初めにバーボンのロックを頼んでみました。氷を包丁でカットするんですね。アイスピックで氷を割るのもたまに見ますけど久々に拝見いたしました。氷の準備はこうしたバーならではの気配りがあって気持ちの高揚感みたいなのがあります。

アードベッグのアンオーとコリーヴレッカン

さて、お次は目当てのスコッチということで目の前当たりにあったアードベッグを頼むことにしました。「コリーヴレッカン」と「アンオー」、確か「アンオー」は終売という話も聞いていたいので、飲み比べという意味で分かりやすくキャラの違うこの二つを選んでみました。前者はフレンチオークでスパイシー、後者はシェリーで丸みのある味ですね。元の原酒がかなり個性的で有名なんですが、樽感ではっきりと味が分かれます。個人的にはアイラスモークのシェリー系はラガヴーリンが一番好きで、アードベッグはコリーヴレッカンみたいな感じが自分は好きですかね。勝手な飲み分けというか。アードベッグの激しさというか原酒の個性がより明確に出ている気がします。

スモーキーさが特徴のオクトモア

最後の〆に選んだのが「オクトモア」。スモーキーさで有名なアイラモルトの中でもとりわけ最高度のスモーキーさを誇ることでマニアに人気のブルックラディ蒸留所がプロデュースするブランドです。ピート感のあるアイラモルトで知られるラフロイグやアードベッグでもスモーキーさを測る指標であるフェノール値でだいたい40ppm~50ppmと言われているのですが、このオクトモアは100~300ppmくらいあります。しかし、純粋にフェノール値が高いからといっても実際のインパクト感は少し違っていて、アイラのヨードチンキのような特有な感じは逆に抑えられていて、スモーキーさを柔らかく包み込むような甘さも感じられるのがこのオクトモアの特徴かと思います。ただスモーキーなだけならここまで人気は出ないですよね。

まとめになりますが、駅近くにありながらも落ち着いた大人の空間。心地よい雰囲気の中でウイスキーが楽しめました。モルトウイスキーだけでなく、ジンやカクテルなども揃っているようなので、モルトバーほど敷居が高くはないと思います。価格もリーズナブルかと思いました。バーテンの方もフレンドリーな感じで、肩ひじ張らずに会話を楽しみながら久々にスコッチモルトを味わいながら楽しむことができました。店の雰囲気からするとまだ浅い時間であったので、ほとんど一人で空間を独占できたのも良かったかと思います。駅近ということもありこれからさらに忙しくはなってくるのかと思いますが、店内はカウンター席がメインのゆったりとした基調。
また機会があればぜひとも伺わせて頂きたいと思いました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA