Site Overlay

ラウンジ&バー グラン・ブルー 伊丹空港店にて搭乗前の至福の時を過ごす

先日久しぶりに伊丹空港に行きました。大阪の表玄関ともいえる伊丹空港なんですが、空港内の施設は地方空港のそれと同じくらいのレベルで、かなり寂しいものでした。個人的な楽しみは羽田行きの9番カウンター手前のカウンターバーでカレーライスを食べることくらいだったのですが、とにかく一度保安検査を通ると見事に何もすることがないのが「大阪国際空港」(伊丹空港)の特徴でした。それがここ最近に改修工事がずっと続いていて、少しづつですがオシャレな感じに変わってきました。そしてつい先日伊丹空港の保安検査を通って、さあ何をするべし、と思いフラフラしていたら目に飛び込んできたのがこちら!なにやら国際線のハブ空港見たいな店舗回遊式の導線の先に登場してきました。なんでも神戸の高級ホテルが運営するバーとのことで、その雰囲気はなるほど、ちょっと大阪らしからぬ?!m(__)m、スタイリッシュな雰囲気。ピカソちっくな絵が飾ってあるあたり、昔の伊丹空港とはちょっと想像がつきません、(ところでちょっと地理的な話ですが、伊丹空港の敷地は兵庫県と大阪府にまたがっていて、「伊丹市」は兵庫県になります。)

店内はカウンター席とテーブル席があり、カウンター席からは滑走路から離陸する飛行機が見物できるそうですが、すでに夜が更けていてそれはかなわず。それでなのか分かりませんが、カウンター席には誰も人が居ませんでした。というわけで、堂々と真ん中くらいの席に陣取り、ハイボールとミックスナッツを注文。確かブレンド銘柄指定のハイボールが1,000円くらいで、ナッツが300円くらいだったと思います。テーブルチャージとかは無かったので、想像していたよりかはリーズナブルな価格設定かと思いました。もちろん、なんといってもサントリー山崎のお膝元とだけあって、このようにバーカウンター後ろの棚は山崎ショールームになっていました。こちらの値段設定も、まあ突っ込みどころありますけど、こんなもんかなという感じ、モルトバーというよりかはカジュアルダイニングバーというところでしょう。ここは大人しく山崎のボトルを眺めながら、スコッチハイボールを楽しむのが最高のコスパなのかもしれません。

バーカウンターから眺める山崎の旅

また、写真を撮るのを忘れたのですが兵庫県の丹波地方という大納言小豆とかで有名な山間部にある西山酒造場が造りしている「プラムワイン」のボトルがカウンターに置いてあって、面白そうだなと思って一杯頼んでみました。プラムワインとは言っても、原料は「梅・グラニュー糖・醸造アルコール・清酒・ブランデー」となっているので、実際に梅を発酵させたものではなく、プラム(梅)付けのお酒ということなのでしょう。アルコール度数が20度弱だったので、どんなものかストーレートで頼んでみましたが、砂糖が入っているだけあって甘い味です、当たり前か。これはお湯割りとかの方が良かったかなとも思いましたが、スパークリングワインなんかに使われるフルート型のスリムなグラスに入れられて出てきました。あまりこういったリキュール類をバーで飲むことは少ないのですが、離陸前のソワソワした時間に気持ちを落ち着かせるための束の間の至福の一時を堪能することができました。

お財布の中に余裕のある方にはファーストクラスも用意されています

メニューをパラパラめくっていたら、フードやデザートメニューもかなり充実しているようでした。最後ら辺のページには山崎の貴重なウイスキー特集もあり、値段はこんな感じです。判断はお任せといったところですが、カウンター内に飾っていたいボトルは21年ものまででした。国内旅行の旅の記念にはちょっとアレですが、海外からはるばる海を渡って来た方とかは違った捉え方をするのでしょうか。訪日客の平均出費金額は一人当たり15万円(2019年調べ)とかいうらしいので、高い安いは一概には言えないものです。何はともあれ世界のYAMAZAKIを提供するにふさわしいバーが大阪国際空港にできたことは非常に喜ばしいことではありませんか!これを祝して、スランジバー!!

GLANDBLEU>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA