Site Overlay

【千葉】BAR ALBA(千葉)

飲み比べセット

久々のバー巡り。

現場は、千葉駅西口を降りて徒歩5分程度。ノッポのペンシルビルの5階。

高身長でイケメンマスターと助手の女性の二人で切り盛りされていた。

店内はカウンター席と、奥にボックス型のソファー席が二つ。

目当てのスコッチウイスキーは棚の左側に並べられており、着席後気付いたため、後でわざわざ席の移動をお願いしてしまった。

ぱっとメニューを見て飛び込んできたのはティスティングセット。

熟成年数ごとに飲み比べる「縦飲み」をしようと思っていたので、早速オーダー。

内容はグレンフィディックの12年、15年、18年の3本セットをチョイス。

他にも、山崎とニッカの飲み比べ、五大ウイスキーセット等の用意有り。

12年はフルーティで飲み易く、評判通りの味。15年、18年は、熟成年数分だけ深みが増して、樽の違いからか味わいに奥行きが感じられた。

次に前々から気になっていたロイヤルハウスホールドを思い切って注文。

英王室御用達の高級ブランドと呼ばれるブレンドウイスキー。「ロイヤル」とつく銘柄はいくつか存在するが、その最高峰に君臨。日本の皇室との縁でイギリス以外では日本でしか飲むことができない「幻」?のボトル。(の割にはあちこちの酒屋で良く見かける)

シングルモルトしかいつも飲まないので、味わいの柔らかさに驚きを感じてしまった。
ロイヤルと響きにウットリ。何か気品のあるような感じのテイスト。

その他、グレンファークラスのファミリーカスクも気になってしまったが、信濃屋さんで価格帯は予習していのたで、とりあえず今日はここで止めておいた。

マスターは気さくな方。隣の若い男性二人組はアイラモルトを飲んでおられた。

ボトルの品ぞろえは、多いとは言えないけれど、十分に楽しむだけのものは揃えている印象。

店中の棚がボトルで埋め尽くられているようなバーもあるけれど、一人で飲むなら棚一つ分でも楽しめると改めて感じた。

コロナ下ということもあり、ウイスキーの量り売り販売もされていた。要はボトルからワンショット分くらいをミニボトルに小分けして販売してくれる。

これは新しいアイデアで、面白いと感じた。熟成年数の長いウイスキーはボトルで買うと値段が非常に高額になりやすい。少し家に持ち帰ってゆっくり飲んでみたいという人の需要はもっとあるのではないか。他のバーでも同様の試みが出来てくれると嬉しいと感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA