Site Overlay

BALVENIEバルヴェニー蒸留所

CRAFTMANSHIP(職人魂)が息づく蒸留所、バルヴェニーBALVENIE。

中国語表記では「百富」(バイフーと発音)という縁起の良い表記のされ方も。グレンフィディック蒸留所などを経営する独立系のウィリアム・グラント&サンズ社傘下の蒸留所。元はグレンフィディックの第二工場として併設して建てられたもので、現在も大麦や酵母は同じものを使用していると言われる。バルヴェニーの特徴は何と言ってもクラフトマンシップ(職人魂)。現在では機械化したモルティングも、昔ながらのフロアモルトを続ける稀少な存在。熟成の樽にもこだわりがあり、様々な樽を使用することで知られる。

DAVID STEWART氏は1962年に入社後、50年以上BALVENIE一筋で勤務。

この蒸留所が輩出したスコッチウイスキーの業界でも最も有名な人と言えば、2016年に大英帝国勲章を受章したデイヴィッド・スチュワート氏。彼は「ウッドフィニッシュのパイオニア」とも呼ばれ、1980年代の当時に、初めて複数の樽で熟成したシングルモルトに挑戦。1993年にリリースした「DOUBLE WOOD」を皮切りに、数々のウッドフィニッシュを送り出し好評を獲得。今日の業界のスタンダードを確立した。

オロロソ・バーボンとピート系のトリプルカスク12年

THE BALVENIE STORIES

“この蒸留所には長年にわたり勤務してきた職人たちがおり、彼らはそれぞれ素晴らしい思い出を持っています。我々がそれらを語る時、その思い出は皆さま方の前で輝き始めるのです。”(グローバルアンバサダー・ジェマ・パターソンさん)

個人的な注目は、最近にリリースの「バルヴェニー・ストーリーズ」。これは、蒸留所で働く職人たちの昔話やインスピレーションなどを、ウイスキーの中に具現化したもの。スコットランドに花咲くヘザーの花の香りを閉じ込めた「BURNHEAD WOOD」や、蒸留所が過去に使っていたピート感のあるモルトを復刻させた「WEEK OF PEET」など。それぞれのボトルには誕生秘話を語るオーディオブックもつくのだとか。職人の技術と「想い」が詰まった作品シリーズ。