Site Overlay

GLEN GYLEグレンガイル蒸留所

kilkerran.scotより

キャンベルタウンにある蒸溜所。創業は1872年。1925年に創業停止後、80年近く休止。2000年にスプリングバンク蒸溜所のオーナーHedley Wright氏が蒸溜所を購入、翌年に再開。モルトの調達や従業員などをスプリングバンク蒸溜所に頼る。特徴はヘビーピート(84ppm)のモルトを使用していること。

主力はバーボン7割、シェリー3割をヴァッティングした12年。他に写真の8年(カスクストレングス)や、ヘビーピートのKilkerran Heavily Peatedのファーストバッチが2019年にリリース。

蒸溜所の起こりは「兄弟ゲンカ」であった。スプリングバンク蒸溜所のウィリアムとジョンは父から引き継いだ同蒸溜所を共同経営していたが、「羊」のことでケンカをしてウィリアムがスプリングバンクを去る。そして隣に立てたのがこのグレンガイル蒸留所。

キャンベルタウンが最盛期であった頃はお互いに潤っていたが1920年代の不況でグレンガイルは閉鎖。その後に色々と所有者が変わり迷走を続けた。最終的に2000年になり購入したのがウィリアム・ミッチェルの遠い「甥」にあたるHedley Wright氏という訳。

同氏は閉鎖したアバディーンシャーのWyvis蒸溜所から蒸留器を、クレイゲラキ蒸溜所からはスピリッツセーフを取り寄せるなどして2004年の再稼働を成し遂げる。

同蒸溜所からリリースされるボトルは蒸溜所の名前ではなくKilkerranとなっているのは、すでにその名前がグレンスコシア蒸溜所のブレンドモルト用に使われていたため。因みにKilkerran とは当地の言語(ゲール語)で「キャンベルタウン」を意味する。