Site Overlay

KILCHOMANキルホーマン蒸留所

アイラの地に根差した蒸留所・キルホーマン。アンソニー・ウィルス氏がプロデュースするアイラの中のアイラ!

2005年、アイラ島で124年ぶりに新設された蒸留所。創業者はAnthony Wills氏。同氏とその一家により運営される昔ながらの家族経営の蒸留所。特徴はウイスキーの原料となる大麦の栽培から始まりボトリングまでの全てを手掛けていること。名実ともに農場を基盤とすることからFarm Distilleryとも呼ばれる。

"We grow the barley, malt the barley and distill it. We mature it and we bottle it here on site."

巨大資本がひしめき合うアイラの中にあって、小規模家族経営を特徴とするFarm Distilleryのキルホーマン。かつてアイラ島が繁栄していたころの蒸留所の姿を再現したいという想いからできあがった蒸留所。

ベーシックラインアップは4つ。まずはMachir Bay(マキアベイ)。名前の由来は蒸留所の近くにある、アイラ島で最も美しいと言われるビーチの名前から。中身は90%バーボン熟成。キルホーマンを代表するメイン商品。まずは飲んでみたい。

Machir Bay

次が、100%ISLAY。その名の通り、アイラ島で栽培、収穫した大麦を100%使用したボトル。キルホーマンの味わいの神髄ともいえる。

ザ・キルホーマン アイラモルト100%

残りの二つはシェリー樽熟成を特徴とする。バーボンが基調であった上記の2本と違い、シェリー特有の甘みがブレンドした、深い味わいの製品。まずSanaig。これはオロロソシェリー70%とバーボン30%をヴァッティング。Loch Gormは100%オロロソ熟成。

Sanaig
Loch Gorm