Site Overlay

BRUICHLADDICHブルックラディ蒸留所

ブルックラディ、奇跡の復活劇
ロンドンでワイン卸しのビジネスに携わっていたマーク・レイニア(Mark Reynier)氏。厳選したスコッチのシングルモルトも扱っており、その中にはブルックラディ蒸留所のボトルもあった。2000年の春、彼はアイラ島にサイクリング旅行に出かけた折に、ブルックラディ蒸留所に立ち寄ることを思い立つ。ところが彼が、現地で見たものは廃墟と化した蒸留所と、錆びついたゲートに掲げられた「立入禁止、工場閉鎖」の文字だった。彼は蒸留所でどのようにウイスキーが作られているのか見学をしようと立ち寄ってみた。

"NO VISITORS! PLANT(工場)CLOSED”

中に人影を見た彼は場内を見学できないかと聞いてみるも、「とっとと失せろ」と門前払い。それもそのはずで、蒸留所は1994年に閉鎖されていたのだ。その場を逃げるようにして引き返していったレイニア氏であったが、悔しさの中でフツフツと心の中で湧き上がる声があった。そう、あの声である。

YOUが買っちゃいなよ!

そんなに簡単に蒸留所って作ったり買ったりするものなのかはさておき、彼はすぐさま行動に移る。蒸留所のオーナーを追いかけて、何度も蒸留所の買い取りを要請する手紙を書き続けたのだ。しかし、その度に断られて続けてしまい、早くも壁にぶち当たる。

この時、アイラ島の住民の間でも動きがあった。蒸留所の再稼働を懇願する署名活動である。人口数千人の島で1000名以上の署名を集めることに成功していた。アイラ島には最盛期に20もの蒸留所が稼働していたが、好不況の波を受け当時は7か所にまで減少。また、最終的なオーナーもめまぐるしく変わり、レイニア氏が交渉していた当時の実質的な親会社はアメリカの巨大資本フォーチュン・グループの傘下となっていたのだ。

事態を打開すべくレイニア氏は次の行動に移る。最終オーナーであったアメリカの親会社に書簡を送ったのだ。「スコットランドの辺鄙な島の寂びれた工場(蒸留所)なんか持っていても仕方がないだろう?だったら売却してくれないか?」と訴えた。
「分かった、売却しよう。ただし条件がある。12月19日の正午までに400万ポンド入金したまえ。間に合わなければ、この話は終わりだ!」
すぐさま出資者の元に向かった彼は、資金調達を開始した。ところが、約束した時間の5分前に集まった金額は、40万ポンド不足していた!交渉の結末を見届けるために事務弁護士が次々と事務所に来訪。関係者が部屋に集まったところで、レイニア氏は集金結果を確認すべくキャッシュデスク係に最後の内線をかけた。ほぼ諦めていた彼が耳にしたのは、予想もしない返信だった。
たった今、入金がありました!目標金額に達しました!!
時計の針が指していたのは11時59分、まさに間一髪であった。
蒸留所の責任者として招聘したのが、ボウモア蒸留所のマスターディスティラーであったジム・マッキュアン(Jim McEwan)氏。彼は見習いから始まり40年以上ものキャリアを同蒸留所で築き上げたカリスマであった。その彼の強力な助っ人として加わったのがダンカン・マックギルベイ(Duncan McGillvray)氏、彼は閉鎖されたブルックラディ蒸留所で勤め上げたメカニカルエキスパートであった。両氏の奮闘により新生ブルックラディは2001年5月29日AM8時26分に再稼働を果たす。
"グラスの中にあるウイスキーをよく観察すると、そこにある美しいアロマやテイストの他に、そのウイスキーを造った人たちの努力の結晶を感じることができる。彼らの人としての温もりや想いがグラスから立ち昇ってくるんだ。”(ジム。マッキュアン氏)

“when you go into a glass of whisky, apart from the wonderful aroma and the taste and all that you get, is truly a MIRROR IMAGE OF THE PEOPLE WHO MADE IT, the personality and the character of the men who made it should evolve from the glass.”(Jim McEwan)

マーク・レイニア氏は2012年に会社を売却し、新たな挑戦を求めてアイルランドに飛び立った。

ジムの人柄に惚れた方はこちらも

murakami haruki

「(アイラ島を含むスコットランド西岸の群島)ヘブリディーズ諸島で最も先進的な蒸溜所」とも言われる、イノベイティブな精神をもつことで知られる。

創業は1881年。1980-90年代の不況時に他の蒸溜所同様に苦戦し、1995年には閉鎖。しかし2000年にボトラーのMurray McDavid社に買収され息を吹き返すと、モリソンボウモアにいたJim McEwan氏の采配もあり完全復活。現在はフランス飲料大手Rémy Cointreau社傘下。

商品群は主に3つに分けられる。ノンピートのBruicaddich、ヘビーピートのPort Charlotte、スーパーヘビーピートのOctomore。

ノンビンテージの主力はThe Classic LaddieとPort Charlotte10年。

The Classic Laddie

The Classic Laddie(2020.10.7): アイラ特有のピート臭はないもののスモーキーなテロワール感は十分に感じられる。アイラの真髄のようなテイスト。ベーシックラインアップでこれだけの味わいはビックリでコスパ抜群。アイラピートに抵抗感を感じている方は、まずはこれを飲んで欲しい!

毎年リリースされるビンテージとして、Bruichladdichは、Islay Barley 2011、Bere Barley 2010、The Organic 2010。

Port Charlotteは、Islay Barley 2011、MRC:01 2010。

テロワールにこだわり。(Murray McDavid社傘下の時にワイン畑出身であったMark Reynier氏の影響と言われる)原料大麦の調達では100%アイラ島原産を目指している。(ただし、越冬するガチョウが作物を食べるため苦戦?)また最近ではスコットランドの蒸溜所としては珍しくライウイスキーにも挑戦している。